【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

アヴィエスホームのリサーチまとめ

注文住宅会社

アヴィエスホームで健康を意識した低予算の家づくり

更新日:

栃木で建てることのできるアヴィエスホームですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>栃木の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:株式会社 グッドリビング北関東
設立日:2004年11月
本社所在地:栃木県河内郡上三川町磯岡600
営業エリア:栃木

 

アヴィエスホームの特徴

アヴィエスホームが力を入れている順はこのようになります。

  1. 提案力(デザイン性)
  2. 価格(坪単価)
  3. アフターサービス
  4. 住宅性能

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

提案力(デザイン性)

アヴィエスホームの一番の特徴は「提案力」です。

アヴィエスホームでは特に健康住宅の提案を売りにしているとのことで、天然素材を積極的に使った家づくりをしています。例えば、内装はビニールクロスではなくバイオウォールという天然の塗り壁を採用しています。なので、健康面を気にする人におすすめの住宅会社といえるでしょう。

しかし、家の建材の全てが自然素材というわけではありません。コストダウンを図るために部分的に使っているようです。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

アヴィエスホームが次に力を入れているように感じたのが価格です。

自然素材を多く使うと価格が上昇する傾向にありますが、アヴィエスホームの坪単価はそう高くはありません。天然素材を気にしつつ価格を抑えたい人により向いているといえます。

価格が高くはないと言っても、他の健康住宅を謳う住宅会社と比べたらの話しです。集成材を使わずに全て無垢材を使うなど、価格よりも素材に拘っている場合が非常に多いです。

アヴィエスホームは素材を使い分けることで積極的にコストダウンに取り組んでいるようです。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

アヴィエスホームでは、10年目まで保証と定期検査があります。それ以降は連絡をすれば補修や不具合の対処などをしてもらえます。

この内容は他の住宅会社と同程度のものです。一般的な内容ともいえるので、特に手厚いアフターサービスというわけではありません。

アフターサービスが決め手となることはないでしょう。比較するなら他の項目です。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

最後が住宅性能です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、アヴィエスホームでは気密性や断熱性の数値を一切出していません。

「高気密高断熱の家が当たり前です。快適な生活ができますよ。」と言われましたが、次世代省エネルギー基準は超える程度の性能だと言っていました。抽象的な言い方しかされませんでしたが、優れた性能ということはなさそうです。

営業マンからZEH基準程度で建てることも一応可能とは言われましたが、確実にコストは上がるそうです。坪単価が安い理由は断熱性能を控えめにしているのも要因だといえます。価格の安さを取るか、性能の高さを取るかで決めましょう。今後のランニングコストや快適性を求めるのであれば、確実に性能を選ぶ方が得です。

また、営業マンからは住宅性能を謳っている会社ではないとも言われました。高い住宅性能を求めるのであれば他の住宅会社で検討した方がいいでしょう。

営業マンの営業トークに騙されてはいけません。性能が高くない場合でも高気密高断熱と言ってくる場合があります。そのときは気密性を表すC値と断熱性を表すUA値を聞きましょう。数値で比較することが重要です。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

小規模の工務店ですが価格などいろいろ頑張っていると思います。健康住宅を強みにしているところの多くは値段が高いので、安いのは嬉しいです。

価格は安いですが断熱性とかの性能がいまいちのように感じます。他の会社ではC値やUA値の数値で言われるところが多いですが、詳しい話はしてもらえませんでした。あまり断熱性能に拘って建てている人がいないのでしょう。

建ててからのことを気にするのであれば大手のハウスメーカーで建てた方がいいですよ。規模の小さい工務店はそれだけでもデメリットとなると思います。ないとは思いますが建築中に倒産したりするとかなり面倒です。

 

まとめ

独自の見解では「健康を意識しつつ価格を抑えた住宅会社」ということです。

予算が少ないが健康住宅に興味があるというのなら候補となるでしょう。

しかし、住宅性能が高いということはなさそうです。高気密高断熱を求めるのであれば、C値やUA値をしっかりと出しているところで検討しましょう。

建ててからの快適性に直結するのは住宅性能です。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.