【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

ビー・エル・ビルドのリサーチまとめ

注文住宅会社

ビー・エル・ビルドは値段以上の提案力

更新日:

埼玉と東京で建てることのできるビー・エル・ビルドですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>埼玉の住宅会社一覧
>>東京の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:株式会社 ビー・エル・ビルド
設立日:1982年4月25日
本社所在地:埼玉県川越市笠幡210番地
営業エリア:埼玉、東京

 

ビー・エル・ビルドの特徴

ビー・エル・ビルドが力を入れている順はこのようになります。

  1. 提案力(デザイン性)
  2. 価格(坪単価)
  3. アフターサービス
  4. 住宅性能

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

提案力(デザイン性)

ビー・エル・ビルドの一番の特徴は「提案力」です。

他の住宅会社よりも自由度が高いのが売りとのことで、あえて商品ラインナップは設けていません。

インナーガレージ・スキップフロア・中庭・平屋など、一人一人に合った提案を何もない状態から始めてもらえます。自分の要望をしっかりと再現して欲しい人に向いている住宅会社でしょう。

完全自由設計を謳うところは基本的に自由度が高いです。営業マンなどからの提案を比較することが重要です。また、商品ラインアップがある住宅会社でも規格住宅でない限り、間取りの制限がきついということはないでしょう。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

次が価格ですが、値段が安いというわけではありません。ビー・エル・ビルドは一般的な工務店価格です。

営業マン曰く、7割ほどの人が坪単価50万円から60万円の間で建てているそうです。建てる人によって内容は様々なので、坪単価は参考程度に考えてください。仕様によっては高くなる場合もあれば、逆に安くなる場合もあります。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

ビー・エル・ビルドのアフターサービスですが、瑕疵担保や定期訪問は10年目までと長期保証ではありません。必要最低限の内容と思っていいでしょう。

ビー・エル・ビルドのアフターサービスは国に定められた内容は満たしていますが、手厚いということはありません。建ててからの安心感を得たい人はもっと手厚いところで検討した方がいいかもしれません。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

最後が住宅性能です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、ビー・エル・ビルドの住宅性能は高いとはいえません。

気密性については気密測定をした数値を教えてもらいましたが、C値は2.5ほどとのことでした。どちらかというとこの数値は低い方でしょう。

断熱性も省エネルギー基準を超える程度の性能ということで、高い性能とはいえません。

しかし、お金を払えば断熱性能を上げることは可能のようです。予算は増えますが住宅性能を気にする人にもある程度配慮しているようです。

とは言え、住宅性能の高い家がいいと思うのであれば高気密高断熱を謳う住宅会社で検討しましょう。そのときはC値やUA値など、数値で比較することが重要です。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

打合せの段階までは特に不満はありませんでしたが、工事の仕上がりがちょっと納得いきません。下請業者がいい加減というか、出来上がりが少々粗いです。自由に設計できるということに惹かれましたが工事でがっかりしました。下請の対応や仕事の出来にも、もう少し気を使うべきだと思います。

外観はシンプルで飽きがこないと思いますが、悪く言えばカラーリングを変えただけのありきたりなものです。総二階の箱型は倉庫にも見えたりするので個人差があるでしょう。間取りなどの設計に関しても他の完全自由設計の住宅会社と変わりはありません。出してきた間取りの案が気に入ればいいですが、ビー・エル・ビルドにしかできないということはなさそうです。あと、値段は意外と普通です。

営業マンからは暖かいと言われていましたが冬は寒いです。特に足元の冷えが気になります。断熱材を高いものにした方が良かったですかね?とか言われましたが、返事に困りました。

 

まとめ

独自の見解では「設計の自由度を謳う住宅会社」ということです。

完全自由設計を売りにしていますが、同じような住宅会社は多く存在します。どれだけ自分の要望を汲み取って提案してくれたかで比較するのがいいでしょう。

また、住宅性能は高いとはいえません。お金を払えば断熱性能を高めることも可能とのことですが、それなら最初から高気密高断熱を謳う住宅会社で検討した方がいいでしょう。

完全自由設計なのはいですが、提案力やその他の項目も他の住宅会社と比べてみましょう。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-, ,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.