【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

ハウゼのリサーチまとめ

注文住宅会社

ハウゼは評判やうわさ通りの快適住宅か?納得の家づくり

投稿日:

東京と神奈川で建てることのできるハウゼですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>神奈川の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:株式会社ハウゼ
設立日:1984年10月
本社所在地:神奈川県横浜市都筑区牛久保西2-1-30
営業エリア:東京、神奈川

 

ハウゼの特徴

ハウゼが力を入れている順はこのようになります。

  1. 提案力(デザイン性)
  2. 住宅性能
  3. アフターサービス
  4. 価格(坪単価)

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

提案力(デザイン性)

ハウゼの一番の特徴は「提案力」です。

ハウゼでは完全自由設計を売りにしています。営業マン曰く、1ミリまでジャストフィットする住宅を目指してを活動しているようです。

建てる人の望むものを再現できるように、建てる人に合った提案を心掛けているそうです。

建てる人の多くが住宅に拘りを持っているとも言っていました。デザインや間取りに拘りたい人にとってハウゼは候補となるでしょう。

自由設計を謳う住宅会社の中には間取りなどに制限があるところもあります。どこまで変更できるかや融通が利くのかを確認しておきましょう。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

ハウゼが次に力を入れているように感じたのが住宅性能です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、ハウゼの性能はなかなか高いといえます。

ハウゼは完全自由設計なので、断熱材も自由に選ぶことができます。また、長期優良住宅の性能を標準にしているので、ある程度の性能は最初から確保されているといっていいでしょう。

ハウゼの住宅性能を数値でも聞きました。気密性を表すC値は0.5前後、断熱性能を表すUA値は0.42~0.56を目標数値にしているそうです。もちろん、もっと性能も上げることも可能ですが、それに伴いお金は高くなります。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

次がアフターサービスです。

無償の保証や定期検査は10年までと、アフターサービスの内容は他の住宅会社と同じものです。10年以降は有料のメンテナンスが必要となります。

この内容は特に優れているということはないですが、悪いということもありません。過剰な期待はできませんが、一般的な内容と捉えましょう。

アフターサービスの内容は一般的なものですが、ネットの口コミや評判を見ると対応は賛否両論のようです。自分の求める対応ができそうか、営業マンに話を聞くことも重要でしょう。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

最後が価格です。

建てている人の多くが坪単価80万円以上と言われました。営業マン自身もこの値段は高いと認めていましたが、建てる人の多くが強い拘りを持っているからだそうでう。

建てた事例だけを見ると高いように思えますが、坪単価80万円以下でも建てることは可能のようです。拘りがそれほどなければ価格を抑えることも可能でしょう。

しかし、ハウゼのサイトには「高級注文住宅」「プレミアムオーダーメイド住宅」との表記もあります。あまり多くのお金をかけられないのであれば満足のいく住宅は難しいかもしれません。

値段を抑えることも重要ですが、ハウゼでは拘りを持った人が多く建てています。拘りがないのであれば他の住宅会社で検討するのもいいでしょう。ハウゼで価格を抑えても他の住宅会社より安くなるとは限りません。あくまでもハウゼは高級路線です。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

悪いうわさもありますが、値段に見合ういい家ができたと思います。快適に住めているので満足度は高いです。でも建て終わってからはあまり連絡がありません。外構の追加依頼をしましたが全く話は進みません。外構はあまり儲けにならないので後回しなんですかね。アフターサービスはあまり期待できないかなと思います。

ハウゼで建てましたが、建てた後にクレームを入れても放置です。他の会社よりも高かったですが、建てた後もしっかり面倒を見ると言われました。期待は裏切られましたが、これが普通なんでしょうか?何か修繕やリフォームをする場合でもここにはもう頼みません。

自由設計と言われて契約しましたが、自由度が高いとは感じませんでした。建築士が一方的に決めていく感じでした。これなら安い規格住宅でもよかったのではないかと思います。自分の担当者だけのことかもしれませんが思ったような家にはなりませんでした。

 

まとめ

独自の見解では「設計の自由度が高いのが売りの住宅会社」ということです。

自由度が高いということで、拘りをもった家を建てたい人に向いているでしょう。

しかし、ハウゼの価格は高く、高級路線です。予算が少ないのであれば他の住宅会社も視野に入れてみましょう。

また、建てた後の口コミや評判がいいともいえません。建てた後の対応にもしっかりと力を入れているのか営業マンに確認することも大切です。しかし、ネットの書き込みの全てが真実とも限りません。うわさ程度と思い、信用しすぎるのはやめましょう。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-, ,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.