【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

セナリオハウスのリサーチまとめ

注文住宅会社

セナリオハウスの自由設計でつくる理想の家づくり

更新日:

埼玉と千葉と東京で建てることのできるセナリオハウスですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>埼玉の住宅会社一覧
>>千葉の住宅会社一覧
>>東京の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:広島建設 株式会社
設立日:1970年
本社所在地:千葉県柏市豊四季1004番地 広島建設豊四季ビル
営業エリア:埼玉、千葉、東京

 

セナリオハウスの特徴

セナリオハウスが力を入れている順はこのようになります。

  1. 提案力(デザイン性)
  2. 価格(坪単価)
  3. アフターサービス
  4. 住宅性能

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

提案力(デザイン性)

セナリオハウスの一番の特徴は「提案力」です。

セナリオハウスは自由設計なので、間取りを自由に決められるのが特徴だと言われました。商品プランを用意せずに1からの提案を強みとしているようです。

商品ラインナップから選ぶのではなく、真っ白な状態からの提案を望む人にセナリオハウスはおすすめです。

とは言え、営業マンの対応がやや横柄に感じました。信頼できる営業マンがいての提案です。自分と相性のいい営業マンかで判断するのもいいでしょう。

規格住宅やセミオーダー住宅以外は基本的に間取りや仕様は自由に決めれます。ですので、注文住宅の多くは自由設計で、セナリオハウスのように間取りを自由に決めれるというのは当たり前のことともいえます。他の住宅会社と比べる場合、どちらが自分たちの要望をしっかりと汲み取ってくれているかで判断するといいでしょう。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

次に力を入れているように感じたのが価格です。

セナリオハウスはローコスト住宅というわけではありませんが、価格を抑えた家づくりをしているようです。一括仕入れや、中間コストを省いた自社による一貫工事で、コストパフォーマンスの高い家づくりを目指しているそうです。

予算がそれほど多くない人は候補となるでしょう。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

セナリオハウスのアフターサービスは、保証は瑕疵担保などの一般的なものがあったり、定期訪問は10年目までといった内容です。このアフターサービスの内容は良くも悪くもなく普通といえ、特に目立った特徴はないように思えました。

しかし、地域密着を謳う住宅会社です。対応には気を使っているようです。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、セナリオハウスの住宅性能は高いとはいえません。

気密測定はしていないとのことで、気密性を求める人はこの時点で候補から外れるでしょう。

また、断熱性能は1棟1棟違うから言っても意味がないと言われました。他の住宅会社では断熱性を表す数値であるUA値の数値を教えてもらえましたが、セナリオハウスでは答えられないとのことでした。

それほど数値に拘った建て方をしているわけではないので、住宅性能を重要と思うのであればしっかりと数値を出している住宅会社で検討しましょう。建ててから、もっと住宅性能の高い家にしておけばよかったと思っても遅いです。

建てる住宅によって仕様が違うので、過去に建てた住宅の断熱性能を伝えても意味がないと言われましたが、他の住宅会社の9割以上はUA値の数値をしっかりと教えてくれます。ある程度数値が分からないと、どれほどの住宅性能で建てている住宅会社か分かりません。性能を数値として教えてくれない住宅会社よりも、数値として教えてくれる住宅会社の方が信頼できるといえます。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

定期検査で直しの打ち合わせをしましたが、それ以来連絡がありません。地域密着と言っていますが期待と違いました。

引き渡し後は連絡が一切ありません。何度も連絡してやっと動いてくれます。とりあえず、建ててからは腰が重い会社です。

値引き次第ではセナリオハウスに決めてもいいかなと思っています。あまり特徴がないように感じますが、価格が安ければ良いかなって思っています。

行政処分を受けているだとか欠陥住宅だとか言われていますが、私の場合はそれほど酷いってことはなかったですよ。全部が全部いい加減な仕事をしているということではないです。まあ、2階の足音がよく聞こえる気はしますが。

 

まとめ

独自の見解では「自由設計ができる住宅会社」ということです。

自由設計で家を建てたいと思っているのなら候補となるでしょう。

しかし、自由設計の住宅会社は多く存在します。それぞれの提案力で比較して決めましょう。

また、悪い口コミや評判も多くあるので注意しましょう。口コミや評判が全てとは思いませんが参考にはなります。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-, , ,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.