【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

ヤマト住建のリサーチまとめ

注文住宅会社

ヤマト住建の性能・耐震・長持ちを活かした家づくり

更新日:

幅広い地域で建てることのできるヤマト住建ですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>茨城の住宅会社一覧
>>群馬の住宅会社一覧
>>埼玉の住宅会社一覧
>>千葉の住宅会社一覧
>>東京の住宅会社一覧
>>神奈川の住宅会社一覧
>>愛知の住宅会社一覧
>>滋賀の住宅会社一覧
>>京都の住宅会社一覧
>>大阪の住宅会社一覧
>>兵庫の住宅会社一覧
>>奈良の住宅会社一覧
>>和歌山の住宅会社一覧
>>岡山の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:ヤマト住建株式会社
設立日:1990年1月
本社所在地:神戸市中央区浜辺通5丁目1番14号 神戸商工貿易センタービル18階
営業エリア:茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山

 

ヤマト住建の特徴

ヤマト住建が力を入れている順はこのようになります。

  1. 住宅性能
  2. 提案力(デザイン性)
  3. 価格(坪単価)
  4. アフターサービス

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

住宅性能

ヤマト住建の一番の特徴は「住宅性能」です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、ヤマト住建の住宅性能は幅が広く、性能が優れている商品もあれば低い商品もあります。

商品ラインナップによっては北海道のZEH基準を超える性能のものもあったり、7地域の次世代省エネルギー基準をギリギリ超えているという商品もあります。

公式ホームページには高気密高断熱で健康的な住まいとも書かれていますが、実際には高気密高断熱のラインナップもあるということです。

とは言え、住宅性能を求めるニーズにしっかりと応えている住宅会社です。高気密高断熱を求めるなら候補となるでしょう。

また、「断熱性、耐震性・制震性、長持ちする」の3つを強みとしているのも特徴です。

住宅性能は優れている商品からそうでない商品までの差が激しいです。自分の建てる地域に合った商品を予算と相談して決めることが重要です。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

提案力(デザイン性)

次に力を入れているように感じたのが提案力です。

ヤマト住建は商品ラインナップが非常に多く、希望する住宅性能や予算に応じて最適なものを提案してもらえます。

しかし、中には規格住宅の商品もあるので自由設計で考えている人は注意しましょう。規格住宅では自分に最適な間取りとはいきません。

間取りを気にするのであれば規格住宅は避けるべきです。自分達のライフプランをしっかりとヒアリングしてもらい、理想の間取りを提案してもらいましょう。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

ヤマト住建の価格はミドルコストからハイコストの間だといえます。一般的な工務店価格から大手ハウスメーカーぐらいの価格帯でしょうか。商品ラインナップによって差があります。

ヤマト住建の営業マンは予算に応じ、どの商品がいいのか提案してくれるとも言っていました。予算を伝え、自分に合った商品はどれなのか聞くのもいいでしょう。

しかし、予算が少ない人やお金があまり使えない人にとっては少し価格帯が高く感じるでしょう。そのような人はローコスト住宅で検討する方がいいかもしれません。

また、ヤマト住建の商品だけで比較するのも間違いです。他の住宅会社と比較しましょう。同じよな価格帯でも会社によってその中身は様々です。

他の住宅会社と比較することで正しい比較となります。同じ会社の商品だけで見比べても意味はありません。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

最後がアフターサービスです。

ヤマト住建は保証内容は瑕疵担保があるなど一般的な内容ですが、定期検査は5年目までしかありません。

他の住宅会社に比べると定期検査の期間が半分なのが気になりました。

充実したアフターサービスとまではいきません。手厚い対応を求めるのであれば他の住宅会社も視野に入れるべきです。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

全館空調をつけましたが、暖かくていいですよ。断熱性が高いのもあり、快適に過ごせます。中には寒いという人もいますが、それは性能の悪い商品を選んだからです。性能を求めるのであれば、それ相応のお金を払いましょう。

ヤマト住建で建てて失敗したとか後悔しているとか言っている口コミも見ますが、満足しているという口も見もみます。基本的に満足している人は口コミをわざわざ書きませんし、建ててから見ません。口コミを書いている人はよっぽど不満があるのでしょう。小さい工務店ではないので日本各地で家を建てています。地域によっては対応が悪かったり、工事が雑なのかもしれません。

最初の印象はよかったのですが、検討し始めると頼りなさが露呈しました。担当営業から連絡が欲しいと会社に電話をしても、折り返しの電話はありません。こちらからの連絡は無視するのに契約を急かすときだけ連絡してきます。出してきた見積もりも希望とは全く違い、今まで何を聞いていたのか疑問が残りました。このまま契約していると家づくりは失敗していたと思います。建てて後悔しないところを頑張って見つけたいと思います。

 

まとめ

独自の見解では「住宅性能の高い商品ラインナップもある住宅会社」ということです。

公式ホームページには高気密高断熱と書いていありますが、全ての商品ラインナップの性能が高いというわけではありません。中には住宅性能の低い商品もあるので気を付けましょう。

また、価格は安いというわけではなかったり、定期検査の期間も少し短いように感じました。価格や建ててからの安心感を求める人は他の住宅会社でも検討するといいでしょう。ヤマト住建の商品ラインナップだけで比較しても意味はありません。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.