【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

サンヨーホームズのリサーチまとめ

注文住宅会社

サンヨーホームズのZEH対応で評判の家づくり

更新日:

幅広い地域で建てることのできるサンヨーホームズですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>埼玉の住宅会社一覧
>>千葉の住宅会社一覧
>>東京の住宅会社一覧
>>神奈川の住宅会社一覧
>>岐阜の住宅会社一覧
>>愛知の住宅会社一覧
>>三重の住宅会社一覧
>>滋賀の住宅会社一覧
>>京都の住宅会社一覧
>>大阪の住宅会社一覧
>>兵庫の住宅会社一覧
>>奈良の住宅会社一覧
>>福岡の住宅会社一覧
>>佐賀の住宅会社一覧
>>熊本の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:サンヨーホームズ株式会社
設立日:1969年2月
本社所在地:大阪市西区西本町1丁目4番1号
営業エリア:埼玉、東京、神奈川、岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、福岡、佐賀、熊本

 

サンヨーホームズの特徴

サンヨーホームズが力を入れている順はこのようになります。

  1. 提案力(デザイン性)
  2. 住宅性能
  3. 価格(坪単価)
  4. アフターサービス

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

提案力(デザイン性)

サンヨーホームズの一番の特徴は「提案力」です。

サンヨーホームズは軽量鉄骨の住宅ということで、大空間を作れるのが特徴といわれました。

木造住宅に比べ、柱の数が少なくて済むのでリビングを広くしたいなどの要望を叶えられます。木造住宅だと、通し柱の位置のせいで間取りに制限が出るなど不都合な点も多いですが、サンヨーホームズは軽量鉄骨なのでそのような制限がほとんどありません。間取りで広い空間を検討している人にはぴったりでしょう。

また、サンヨーホームズは軽量鉄骨に制振装置が標準装備となっています。耐震強度が高い家がいいという人にもおすすめです。

それ以外では、スカイツリーに使われているナットと同じものを使っているので、ネジが緩まないということも強調していました。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

サンヨーホームズが次に力を入れているように感じたのが住宅性能です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、サンヨーホームズは両方とも高い性能でした。

気密性を表すC値や断熱性を表すUA値を教えてもらったところ、C値は0.5以下でUA値も0.5以下とのことでした。この数値は3地域のZEH基準を超える性能です。また、住宅性能は九州で建てるときも同じで、全国統一のようです。

それ以外では、太陽光が標準装備とも言っていました。売電などに興味のある人にも向いています。

サンヨーホームズの太陽光は標準装備ですが、取り付けないという選択もできます。その場合は若干価格は下がるそうです。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

サンヨーホームズの価格についても聞きました。大手の軽量鉄骨で建てている住宅会社の価格はかなり高いイメージがありましたが、サンヨーホームズの価格は思ったよりも高くありませんでした。安いということもないですが、ハイコストの住宅会社よりも坪単価は低いです。

住宅性能が高かったり太陽光がついているので値段相応以上の価値があるといえるでしょう。

とは言え、決して安い住宅会社ではありません。予算が多くないのであれば他の住宅会社で検討する方がいいでしょう。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

アフターサービス

アフターサービスについても聞いたところ、定期検査やは30年間あるそうです。

太陽光発電やそれに伴う電気製品は対象となりませんが、保証も30年間あると言われました。しかし、公式サイトには基本構造は10年と書いてあります。実際には瑕疵担保で国が定めた期間だけのようです。

アフターサービスの具体的な内容は話さず、とりあえず長い期間保証があるかのような言い方をする営業マンが多いです。実際の内容や期間はどれぐらいなのか必ず確認しましょう。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

軽量鉄骨で建てられるところで探していました。サンヨーホームズは見積もりをお願いした中で一番安かったので驚きました。逆に他のメーカーが高いだけかもしれませんが、かなりお得感があります。

見積もりで不明な点があったので営業マンに聞きましたが話しを誤魔化されました。高い買い物なので1つ1つ何のことなのか確認したかったのですがまともな答えはありませんでした。言えない事情があるのか本人もわかっていないのか分かりませんが信用できません。

高気密高断熱だと展示場に行ったときに言われました。それを示す数値などで説明されたのでわかりやすく、納得もできました。でも間取りの提案が上手いとは言えません。値段や高気密高断熱に惹かれましたが、もう少し間取りも考えてほしかったです。希望が全然叶っていませんでした。

サンヨーホームズのメリットは軽量鉄骨の割には安いところと断熱性と気密性です。逆にデメリットは営業マンの能力や建ててからの対応だと思います。自分が住宅をどこで建てようか考えているときはこんな風に感じました。

 

悪い評判や欠陥住宅との噂もあるが

サンヨーホームズは欠陥住宅だともネットには多く書かれており、評判が悪いようにも感じる人もいるでしょう。ですが、建てている棟数が多いことを考えると、トラブルの割合は決して多くありません。

とは言え、どのような内容かを把握しておくことは重要なことです。これが全てだとは言えませんが、ネットに書いてあった例をまとめましたので参考にしてください。

アフターサービスがいい加減です。連絡してもすぐには来ない。来ても見積もりを出すと言ってそれからは音沙汰なし。なので最終的には他の工務店で修理をしました。建ててからも安心ですという言葉とは真逆の対応です。

注文住宅なのでじっくり考えて建てたいと思っていたのですが、契約後は何かと急かされます。要望と違う間取りを出して、これでいいと言ってもいないのに、着工日や手配をしたいから早くしてくれというようなことを言ってきます。契約後は急かされることが多いので検討中の人は気を付けましょう。

外の音がよく聞こえると思い連絡すると窓のサッシが不良品でした。すぐに取り換えてくれるものだと思いましたが、忙しいというのを理由に対応は後回しにされました。結局、新築物件が優先で建てた後の家は隙間仕事なんでしょうか。

欠陥住宅といっている人もいますが、まさに私の場合がそうでした。間取りやその他を決めて完成を楽しみにしていましたが、窓の高さが違ったり、建具が言っていたものと違ったり、色が違ったり、散々でした。営業マンは仕様通りに作ったといっていますが、私たちの変更点を直してていなかったのが原因のようです。確認をしっかりしていない私たちが悪いと言われましたが、確かに要望は伝えてあります。細かい仕様を隅々まで素人が把握できるわけもありません。欠陥住宅と言うのは大袈裟と思われるかもしれませんが、私たちの言ったことが実行されていないのは欠陥だと思っています。もっとまともな営業マンならサンヨーホームズでも満足していたかもしれません。

不具合や欠陥のことについて営業マンに直接聞いてみるのもいいでしょう。ネット上の誇張表現というだけかもしれませんし、建てる地域のトラブルとも限りません。また、今では下請けの管理をしっかりとしていたり、対策を取っているかもしれません。

 

まとめ

独自の見解では「広い空間を得意とする住宅性能の高い住宅会社」ということです。

他の住宅会社でも軽量鉄骨ならある程度広い空間は可能でしょう。なので住宅性能を重視したい人の方が向いているといえるでしょう。

また、軽量鉄骨にしては価格も抑えられているので、他の住宅会社の軽量鉄骨が高いと感じる人の候補ともなるでしょう。

しかし、ネットの口コミが気になりました。建てる地域が広く、とても多く住宅を建てているので多少のトラブルもあるでしょう。それに全てが事実とは限らないので鵜呑みにするのもよくないです。住宅は高い買い物です。一度展示場に行き自分で確認することも大切です。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.