【ハウナビ】全国の住宅会社を独自の見解で紹介

hounavi

望月建業のリサーチまとめ

注文住宅会社

望月建業の健康住宅は坪単価以上の評判住宅か

投稿日:

山梨で建てることのできる望月建業ですが、どのような住宅会社なのかをまとめました。

住宅会社選定にお役立てください。

>>山梨の住宅会社一覧

>>都道府県別住宅会社一覧

 

基本情報

会社名:望月建業株式会社
設立日:1979年9月
本社所在地:山梨県笛吹市石和町上平井844-3
営業エリア:山梨

 

望月建業の特徴

望月建業が力を入れている順はこのようになります。

  1. アフターサービス
  2. 住宅性能
  3. 価格(坪単価)
  4. 提案力(デザイン性)

これは独自の見解です。どのような特徴があるのかを解説していきます。

 

アフターサービス

望月建業の一番の特徴は「アフターサービス」です。

望月建業の営業マンは地元密着を謳っていました。そのことからも建ててからの対応には気を使っているようで、建ててからは毎年1回の定期検査が無期限であるそうです。

定期検査は建ててから10年目までというところが多いです。望月建業は他の住宅会社に比べると手厚いアフターサービスといえます。

また、保証は瑕疵担保が10年目までと、他の住宅会社と同様のようです。

営業マンが回りくどい言い方をよくする人でした。定期検査の期間については聞き間違いの可能性もあります。気になる人は直接確認することをおすすめします。

 

>>アフターサービスについての詳しい説明はこちら

 

住宅性能

次が住宅性能です。

気密性と断熱性を意味する住宅性能ですが、望月建業は高気密高断熱だと営業マンは言っていました。

断熱材はカナダ生まれのアイシネンを使っているなど、性能の高さをアピールされました。

しかし、気密性を表すC値や断熱性を表すUA値は一切わからないそうです。営業マン曰く、C値やUA値は国が定めた規定なのでそれで比較しても意味がないとのことでした。

数値は測定したらいい数字が出ると思いますと言われ、望月建業では数値には拘っていないようです。また、集成材などは使わずに無垢材を使っているので暖かいとも言われました。

高気密高断熱を謳う望月建業ですが、営業マンから暖かいと言われるだけで具体的な数値などは一切わかりませんでした。

多くの住宅会社はC値やUA値を公表しており、国もこの数値で住宅性能を判断しています。営業マンの暖かいという言葉だけではなく、その根拠も数値として示してもらいましょう。また、望月建業の営業マンは無垢材だから暖かいと言っていましたが、集成材を使う他の住宅会社でも十分高気密高断熱のところは存在します。

 

>>住宅性能についての詳しい説明はこちら

 

価格(坪単価)

望月建業の価格ですが安くはありません。

坪単価は70万円ほどと言われました。この価格帯はハイコストになります。価格が高くなる理由は、無垢材などのいい物を使っているからだと言われました。

予算が多く取れない人や、それほど多くのお金をかけたくない人には向いていないでしょう。

予算を気にするのであれば、ローコストやせめてミドルコストの住宅会社で検討しましょう。背伸びをしてお金を出す必要はありません。値段が高いからといって満足度も高くなるとは限りません。逆に、安いからといって悪いとも限りません。

 

>>価格についての詳しい説明はこちら

 

提案力(デザイン性)

最後が提案力です。

家自体は集成材を使わずに無垢材を使ったり、珪藻土クロスが標準だったりと特に悪い点はありませんでした。

しかし、残念ながら話を聞いた営業マンの対応が気になりました。

こちらが話しをすると話しを遮り、関係のない話をしてきます。

例えば、C値やUA値はどれぐらいの数値かと聞けば、「無垢材は暖かいですよ。集成材とは違います。」と言われ、坪単価はいくらぐらいかと聞けば、「35坪ぐらいで建てるのがいいですよ。大きい家は無駄が多い。小さい方が手間がかからない。」と言われました。

話しを遮り、質問した内容と関係ない話をずっとされるので、聞きたい答えが出てくるまで同じことを何度も聞くなど、とても時間がかかりました。

「こちらの質問している内容わかっていますか?」「わからないなら、わからないと答えてくれればいいんですが」「話を遮るのやめてもらえませんか?」このようなことを何度も言いました。せめて人の話を聞いてから答えて欲しかったです。話しを聞けない営業マンばかりではないと思いますが、少々信頼性に欠けると思いました。

中にはしっかりとした営業マンもいるでしょう。営業マンの態度や人格をみて判断するのも重要です。住宅会社として魅力的でも担当する営業マンが頼りなかったり、相性が悪いといい家づくりはできません。

 

>>営業マンの間取り提案やデザインについての詳しい説明はこちら

 

スポンサーリンク

 

口コミや評判

口コミや評判は独自の見解とは別のものです。ネット上にあったものなどをわかりやすく載せていきます。

無垢材とかいいものを使っているのはいいことですが、見積もりが高いです。いいものを使っているとは言え、私には高すぎました。別に無垢材じゃなきゃダメということもないので他の工務店で建てました。

営業マンからやたら「暖かいです」と言われました。断熱性能が優れていると言っていましたが、他のメーカーでは数値で性能を表しています。望月建業では数値を気にしていないそうです。測定すればきっと数値はいいですよと言われましたが、あまり信用できる回答ではないので他で建てました。

営業マンがどうにかならないかな。自分達の要望は聞かずに、こっちの方がいい、それはやめておいた方がいいと自由設計のはずなのに思ったように考えられません。営業マンの家を建てるわけじゃないんです。もっとヒアリングするなど他の工務店では親切です。もちろん望月建業は候補から外れました。

 

まとめ

独自の見解では「定期検査がずっとある住宅会社」ということです。

高気密高断熱とも言われましたが、数値は一切不明です。住宅性能を気にするのであれば、C値やUA値の値をしっかりと出しているところの方が安心できるでしょう。

また、価格も安くはありません。予算が限られている人は価格帯を下げて検討するのもいいでしょう。

望月建業の営業マンについては、接客態度などの悪いところ目立ち、いいところは書けませんでした。しかし、このような人ばかりではないはずです。信頼できる人が担当になれば問題はないでしょう。

 

住宅会社を選ぶ上で最も重要なのが、「多くの会社と比較検討すること」です。一社だけで決めることは絶対にないようにしましょう。多くの住宅会社を見て自分に合った契約先を探すのが正しい方法です。

そのときにおすすめなのが、一括見積もりサイトです。3分ほどで終わり、住宅展示場などで長い営業トークに時間を取られるとこもありません。無駄な時間を使わずに比較することができるので積極的に使いましょう。

値引き交渉のための重要な相見積もりにもなるので是非活用してください。

-注文住宅会社
-,

Copyright© hounavi , 2021 All Rights Reserved.